柏整体院

柏整体院トップページ > 柏の頭痛専門整体院 ← 現在のページ

慢性頭痛で柏市からご来院した24歳男性の治療実例

このページの目次

  1. 問診で原因を探る
  2. 治療前の検査が大切
  3. 頭痛治療の内容
  4. 改善までの流れ

柏市から頭痛が一週間続いて来院された方の治療内容



頭痛で柏市内からお越しいただいた20代の男性ですが、症状は中学生時代から慢性的にあり、ご来院直前は一週間以上も頭痛が続いていました。

南柏の整骨院に頻繁に通って治療を受けたり、柏市内にある整形外科でMRIなどの画像診断をしましたが、脳に異常はない頭痛でした。

問診(カウンセリング)でお話しを聞く限りでは、緊張型の頭痛もありますが、一週間続いている症状は片頭痛が強い状態になります。

詳しいご来院の経緯については、南柏から整体に『慢性頭痛でご来院』した24歳男性の症状で説明しています。

治療の前に頭痛の原因を特定するための検査が、治療よりもっと大切

慢性的な頭痛がある場合は、筋肉だけではなく様々な原因が考えられるのですが、『脳の異常ではない頭痛』と柏市内の病院で診断が出ていますので、今回の片頭痛は体の歪みが大きく関係していると考えます。

ですので、治療を行う前に頭痛の原因が何であるかを探すために、立った時の左右の肩の高さを比べたり、肩甲骨の動きを見たりと、治療の前に全身の歪みをチェックしました。

写真では、治療前後の『左右の肩の高さの変化』と『足の長さの違い(骨盤の歪みが原因)』を載せていますが、強い肩こり(肩の筋肉の硬さ)と肩甲骨に手が入らない状態、首のストレートネックも見つかりました。

柏市でも頭痛の原因をしっかり検査せず治療を行う整体院も少なくないようですが、当院は症状の改善を目的としていますので、必ずしっかりと検査を行い、それに合わせて1人1人の治療を組み立てて行きます。

頭痛治療でも骨盤矯正や肩甲骨はがしなどの全身治療をする理由

人間は骨があってその上に筋肉が付きますので、まずは骨の動きで問題がある部分を調整するのですが、

柏市からお越しのこの方の場合は、首の骨(ストレートネック)、肩甲骨に手が入らない(動きが悪くなっている)、骨盤の歪み(動きも悪くなっている)がありますので、その3点が頭痛の原因だと考え、そこを矯正していきます。

この方の場合は、足の長さが左右で大きく違ったのですが、足の長さは骨盤の歪みが大きく関連するため、まずは骨盤矯正を最初に行いました。

骨盤矯正は柏市でもたくさん行う所がありますが、この方のように頭痛で来院された方には、痛みを改善することを重視した骨盤矯正を行います。

柏市からお越しのこの方の頭痛は、肩甲骨や首が原因でした

骨盤は体の中心部分になりますので、そこから矯正することで、肩甲骨や首の歪みが改善することもあります。(この方の場合はほかの所は変化しませんでした)

流れとしては、骨盤矯正の後に当院独自の肩甲骨はがしを行い、ボキボキしない治療法で首を調整した結果、左右の肩の高さの違いや、左右の足の長さの変化が見られました。

柏市に整体はたくさんありますが、矯正と言ってもボキボキやる治療ではなく、ソフトに動きをつけるのが柏整体院の治療方法になります。

骨格矯正ですぐに頭痛の改善はしませんが、歪みがあると痛みは悪化します

1回の治療で必ずしも歪みが大きく変化するわけではないのですが、柏市からご来院いただいたこの方は『20代前半』ということで、まだまだ関節が動きやすいという部分はあったのかと思います。

ただ、骨盤矯正や肩甲骨はがしなどで歪みが改善されたとしても、頭痛がすぐに改善するとは限りませんので、数回の治療を継続的に行っていく必要はあります。

もちろん、体に歪みがあるということは、それだけ体がアンバランスな状態なので、余計な負担が筋肉や関節に掛かりやすく、頭痛を招きやすいのも確かです。

なので、骨盤矯正や肩甲骨はがしなどで体の歪みや筋肉の硬さを整えていくことで、頭痛の改善を目指していくのが柏整体院の治療法になります。

もし柏市で頭痛治療をお探しでしたら、痛みを専門に治療している柏整体院にぜひご相談ください。

当院の頭痛治療に関しては、柏の頭痛専門整体院のページをご覧ください。また、柏整体院の治療実例一覧はコチラです。